忍者ブログ

ブログ内の写真はクリックすると拡大表示されますので、是非ご覧になってください。 写真サイトは こちら http://nisrockjp.exblog.jp/

   
むかしむかしの話 9 第三者障害
友人達と群馬にある"ある場所"へ遊びに行った。

何人だっただろう、5人だったか、6人だったか……
一組カップルがいた。それ以外は友達。

いろいろな乗り物に乗って遊んでいた。
遊んでいるうちに、カーブを曲がるとき友人の後ろに乗っていた"A"が落っこちた。
エンジンがついている乗り物ではなく、言ってみれば自転車らしきものだ。
無論故意落としたわけではない。

最初は皆も気にかけていたのだが、「あのくらいなら大丈夫だろう」ということで、時間が経つにつれ、気にかけなくなった。

するとAは「痛い、痛い」と言い出した。
あまりにも言うので、病院に連れて行った。
そこでレントゲンをとって、何も異常なしとなった。軽い捻挫との診断。

地元に帰った。

連絡がきて、○○○○○○病院に来てくれてとAに言われ、友人は病院に赴いた。
詳しくは覚えていないが”第三者障害”になるから云々と言われたと言っていた。

第三者障害、つまり加害者がいる怪我である。加害者によって引き起こされた事故で、その事故で生じた怪我について、かかる治療費は加害者に支払の義務があるとかなんとかという話だったと思う。

友人は故意にやったわけではないし、まして友達同士で遊んでいてのこと、Aも同意して、後ろに乗っていたわけだ。

当日病院にも診てもらっているわけだし、今更なんなんだと思ったのだろう。

それから友人宅にはAからの電話がひっきりなしにかかってきた。
ノイローゼになるくらい。

無料弁護士に相談にいった。
弁護士は、特に悩む必要はないだろう言っていた。誠意がないと言われたことについては、「あなたがこれだけ調べて動いている、考えている、これが誠意だ」との言葉ももらっていた。

弁護士の助言によって、友人は保険事務所に相談に行く事にした。
第三者障害に認定されるかどうかを判断してもらう為だ。

結果、第三者障害に該当しないとの判断が下された。
友人はほっとし、Aは怒り心頭となった。

公的機関が言ってくれた為に、友人は加害者ではなくなった。当然である。
申し訳ないが、Aも怪我しているようには見えなかった。

Aは納得しない。友人を家に呼びつけた。
友人は「もしかしたら、やばいかも」と、友達を外に待たせておいた。
何かあったら、入ってきてくれと頼んだ。

A、それからAの父母が待っていて、散々攻められたそうである。
一筆書けと言われたらしい。

どうやって話を終わらせたのかは知らないが、ともかく友人は帰ってこられた。

***********************************

その後、友人は一緒に遊びに行っていた友達の結婚式に呼ばれた。
Aはもともと、その結婚する友達の友人である。

受付にAがいた。

友人と目が合った瞬間、Aは当時怪我した部分を摩りながら、
「未だ痛むのよね……」と言って友人を凝視していた。







PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[04/02 食べ太郎]
[06/28 さとう まさひこ]
[03/28 NONAME]
[03/20 台湾大好っ子]
[12/31 コバヤシJ]
[11/12 鶏肉ごはーん]
[11/11 台湾大好きさん]
[08/06 さとう まさひこ]
最新TB
プロフィール
HN:
nisrock
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright ©  -- Nisrock --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]